直接輸出と間接輸出:コストの違い

直接輸出

直接輸出とは、第三者や組織を利用して手配することなく、輸出を行う者が他国に所在を置く輸入を行う者に直接販売することです。輸出を行う者が販売プロセス、出荷のロジスティクス、海外での流通、および支払いの回収を担当します。

直接輸出は、現地での設置を必要しない、製品価値と比較して輸送コストが低い、また他者の配送や個人での設置を許可すると高額となる商品において、海外から提供できるサービスを提供している多くの企業で有効です。

利点は、輸入業者、代理店、流通業者などの仲介業者にサービス料を支払う必要がないことです。欠点は、全て自身で手配することと、限られた出荷により経済規模が小さくなる可能性があることです。例えば、商品がサービスを必要としたり、返品しなければいけなくなった場合、コストは現地パートナーを持つ場合に比べて、基本的に非常に高額となります。

間接輸出

間接輸出とは、後に直接輸入業者や顧客へ直接商品やサービスを販売する、仲介業者に販売することを言います。輸出商社や輸出管理会社といった、現地の仲介業者を通した購入者への販売も含まれます。

間接輸出には、商品の輸出を手配してくれる自国の仲介業者に販売することも含まれます。間接輸出を通した販売は海外顧客からの支払い回収や配送ロジスティクスの手配が含まれていないことがほとんどです。つまり、これを行うための組織やプロセスの設置が不要です。一方で、輸入業者や販売店に対するマージンを失ったり、代理店に対するコミッションの支払い義務が出てきます。

特に中小企業では、少なくとも文化や言語、時差が大きく違うような遠く新しい市場に進出する際に、間接輸出は多くの場合ベストな方法です。配送プロセスの管理を強化するだけでなく、現地パートナーは商品のマーケティングやアフターセールスにおいて役割を果たしてくれます。

適切な輸入業者、販売店、販売代理店を見つける方法

市場参入計画に販売店や代理店を見つけることが含まれている場合、Alliance Expertsがお力になれます。30ヶ国以上の国で、マーケットを熟知し現地パートナーに簡単にアプローチができる人材を置いています。市場参入における戦略を基に、パートナープロフィール、企業説明、お探しのパートナーのタイプについてご案内します。

並行して、幅広い潜在的な販売店や代理店をリストアップします。大量のリストについてお話し、どんなタイプの企業に焦点を合わせたいか確認します。企業の絞り込みができましたら、電話連絡や面談の場の設定をいたします。この面談に対する準備をご一緒にさせていただき、面談に参加し、可能な限りベストな方法でプレゼンテーションができるようにさせて頂きます。

This entry in Uncat was updated on 5月 9, 2021 by Japan Translator.